記憶&演算装置

■記憶装置

 記憶装置は「主記憶装置」と「補助記憶装置」の2つの役割に分かれます。主記憶装置はメモリと呼ばれる装置で、CPUが読み込んだデータやプログラムなどを保存しておきます。そして、CPUからそのデータやプログラムに対する指示があった場合は、その指示に応じて各装置にデータやプログラムを送るなどの処理を行います。
 主記憶装置はメモリと呼ばれるパーツに一時的に保管されるため大容量のデータを保存したり、またパソコンの電源などを切ってしまうとその保管されたデータは消えてしまいます。このままだとデータを保存することができないため、ハードディスクやフロッピーディスクといった「補助記憶装置」にデータを保存します。この補助記憶装置はさまざまな種類のものがあり、大容量のデータを保存したり、または保存したデータを読み出したりといった処理ができます。

■演算装置

 演算装置は、制御装置が出す指示に従ってそのデータの演算処理を行うのが役割です。名前の通り、演算を行う装置ですね。主記憶装置によって一時的に保存されたデータやプログラムを読み込み、それらをレジスタに入れて演算処理を行います。演算処理を行った後は、その結果をまたメモリに返すといった役割です。この演算装置は、制御装置を合わせて中央処理装置(CPU)と呼ばれます。

 一般的にこの5つの役割を5大装置と呼ぶのですが、キーボードやマウスといった入力装置、ディスプレイやプリンタといった出力装置、ハードディスクやフロッピーディスクといった補助記憶装置は、パソコン本体とは分けて周辺装置と呼ばれます。この5大装置のデータの流れを理解する事で、パソコンの仕組みを知ることができます。右の図のように、キーボードやマウスといった入力装置から入力されたデータは一度主記憶装置に保存され、その保存されたデータを制御装置と演算装置といった中央処理装置(CPU)で処理された後、ディスプレイやプリンタといった出力装置で出力されます。制御装置は、読み込んだ情報の内容別にそれぞれの装置に指示を送っているのですが、この指示(信号)の流れをバスといいます。

recommend

大宮の人気美容院
http://www.waves-web.com/

Last update:2015/4/9

Copyright (C) 2014 Pacific one. All Rights Reserved.